Skip to content

女性専用住宅ローン

Posted in 女性専用ローン

植木鉢

女性は家を持つべき

女性にとって、結婚はすでに生活の担保にならなくなった。
子供ができても別れることになる夫婦は多い。

その場合、住む家をどうするかは重要なことである。
結婚していた家に住める人はいいいが、
それが持家であってもまだローンが残っていたり、賃貸物件であったり。

「女(おんな)三界(さんがい)に家なし」ということわざがあり、一生の間、
広い世界のどこにも安住の場所がない。
女に定まる家がないないといわれてきた。

とんでもないことだと思う。
家こそ女のものだ。家があるのとないのでは安心感が違う。

たとえローンが残っていてもだ。
自分の家だと思うと、きらいな掃除もするようになるのだ。

このようなことも踏まえ、女性でも住宅は持った方がいいと思う。最低1軒の自分の住む家は。
これから結婚もするのにじゃまになると思うかもしれないが、そうなったときに考えればいい。
最初から何もかも計算づくでうまくいくはずがない。

家は買ったほうが得

私は35歳で1軒目のマンション、
50歳を過ぎて、現在住んでいるマンションに加え、
3軒目の賃貸物件を手に入れることになった。
本当にたまたまである。

ただ若いころから思ってきたことは、
絶対、家は借りるより、買った方があとあと得をするということだ。

もっていてもじゃまになることはないのだ。
売ってもいいし貸してもいい。

マンションと比べて費用がはねあがる戸建ての場合はよりそうだと思う。
今ではローコスト住宅といって1,000万以下でも注文住宅を持てるらしい。(参考:https://www.mok-house.com/

それほど儲けようと思わなければそこそこの値段で貸すことができる。
つねに相場を意識した方がいいのはいうまでもない。

今自分の住んでいるこのマンションはどのぐらいで貸せるか、
売ればいくらぐらいになるか。

これだけを気にできれば、賃貸経営はできたも同然である。
計画するしないにかかわらず、住宅ローンは返済できるのだ。
そうすれば、次にどうすればいいかは時代が教えてくれる。

女性でもローンを組みやすい時代に

今は年金があてにできない時代なので、なおさら自助努力が求められる。
賃貸経営はけっこういいと思う。

住んでいた家、もしくは手ごろな値段の賃貸用の物件を
購入すれば安定した賃貸収入が得られるのである。

そのためには、1軒目の住宅ローンを確実に借り、返していくことがポイントだ。

まずは1軒目からである。その際に女性であれば、
名のしれた企業や公務員などでなければ借りるのがむずかしいことも多い。

女性専用ローンがあれば、本当に助かると思う。

私が1軒目を買ったときにはそのような商品はなかった。
おまけに当時の住宅金融公庫は
独身者には35歳以上でないと融資はしてくれなかったのだ。

なんとか融資をしてもらい
購入に至ったが、苦労したことは否定できない。

今はいい時代になったものと思う。
女性が借り易いローンが用意されているのだ。

結局家を買ったことの最大のメリットは、安心感である。
住むところがなくなることがないのだ。

精神的に落ち着くのである。
またいい意味で行動が抑制される。
かるはずみなことができない。
メリットかデメリットかは、
死ぬまでわからないことではあるが。