[04-Dec-2018 19:07:36 UTC] PHP Fatal error: Call to undefined function add_action() in /home/m020b328/public_html/cp00618/wp-content/themes/Unlimited_child/inc/customizer.php on line 3 女性専用ローンの中の住宅ローン | 女性目線でお金について考えます Skip to content

女性専用ローンの中の住宅ローン

Posted in 女性専用ローン

家

女性専用ローンは特典いろいろ

女性専用ローンの中で女性専用住宅ローンがある。
調べてみるとかなりの銀行でさまざまな商品を出している。
何も女性専用でなくても普通に住宅ローンは借りられそうであるが。

特徴はやはり女性でも借りやすいということと、特典があることだ。
その特典もいろいろある。

たとえば、旅行代金割引サービスや、
住まいのトラブル現場急行サービス、電化製品プレゼント、
中には、カルチャースクールの優待割引券などもある。

何も景品で借りる銀行を選ぶことはほとんどないと思うが、
景品がついていればうれしい、得した気分になる。

前年度の税込み年収も100万円以上とかなりハードルが低い。
ハードルを低くして、女性に住宅を買ってもらうのだ。
これは借りやすいと思うだろう。

世の中は女性に優しい時代になってきたのだ。

女性も家を持つ時代に

女性が家を買うことは昔も今も何もそんなことをしなくてもと思われてきたものだ。

現に私も1軒目を買ったときに親戚の何人かに何も家を買わなくてもと言われたものだ。

でも今では家が3軒ある。
住んでいるのはもちろん1軒だが、あとの2軒は貸して賃貸収入を得ている。
3軒になったのはたまたまなのだが。

早くから家を買うと、老後が安心になる。
賃貸で6〜7万円出して住んでいるならば、買った場合、
ローン負担が同じぐらいで倍の広さに住めるのだ。

東京では6〜7万円だと1ルームしか借りられないが、
買った場合は2DKには住めるのだ。

頭金もあまり用意しなくても済むケースが多い。
それは新築にこだわらないことがポイントになる。
何も新築に住む必要はないではないか。

私は新築に住む人の気がしれないとまで思う。
中古で状態のいいものは、内部のリフォームでそれはそれは素晴らしく変貌するのだ。
私が購入した1軒目は見にいってみると、
たばこのすすで壁紙が黄色に変色していたり、畳が薄汚れたりしていた。

それでも東急東横線沿いの駅に近い物件だったので、
将来は貸してもいいかと思い、買うことにした。

中古物件もリフォームで見違える

リフォームしたら見違えた。まるで新築と同じようなものと思った。
マンションは物件さえ選べば、新築同様になるとこのときに学んだ。

ちょうどその時、近所の物件を見ているとなかなか高値でマンションが売れているのが分かった。
(参考:東急東横線マンション物件価格

今住んでいる部屋は貸して、また新築同様になる物件を購入し、また貸すべきと思った。
それが正解であった。

少し手狭になったので、かねてから計画していた水まわりのリフォームをし、
数年後には貸すことにした。そのときまでに繰り上げ返済もすることにした。

予定どおり、15年で1軒目のローンは完済し、
1軒目の賃貸収入で2軒目の住宅ローンの一部を返済するようにできたのだ。

女子の老後こそ、家があった方がいい。
年をとって住む家がないのはどうにも不安である。

いつまでも賃貸料をはらいつづけなくてはならないではないか。
ローンだといつかは完済する。

また家を担保にお金を借りることもできる。
これからの年金などろくにでない、あまりあてにできない。

そんな年金収入のなかで賃貸料と更新料(民間のの場合)を払い続けるのは、
けっこう金銭的にたいへんなことである。